韓国・SMRTと共同で「ICカードトライアルキャンペーン」(東急電鉄)

2014年7月4日11:49

東急電鉄は、韓国のソウル特別市都市鉄道公社(SMRT)と共同で、2014年8月1日~8月30日まで、日韓双方の旅行客に交通系ICカードを体験してもらう「ICカードトライアルキャンペーン」を実施すると発表した。

左が東急電鉄掲出ポスター、右がSMRT掲出ポスター(出典:東急電鉄のプレスリリース)

左が東急電鉄掲出ポスター、右がSMRT掲出ポスター(出典:東急電鉄のプレスリリース)

同キャンペーンは、SMRT社と2012年3月12日に取り交わした鉄道事業に関する交流と協力を促進する基本合意書に基づいて実施するものとなり、日本―韓国両国間の相互送客を目的としている。

東急電鉄利用者が、7月から同社線全駅(世田谷線除く)に掲出するSMRT社のポスターを撮影し、SMRT社の5号線光化門駅(Kwangwhamun station)駅インフォメーションセンターで提示すると、ソウル市をはじめとする韓国の主要都市の電車やバスで使える交通系ICカード「T-Money」がプレゼントされる。

また、同様にSMRT社線を利用者が、SMRT社線内30駅に7月から掲出する同社線ポスターを撮影し、東横線・田園都市線渋谷駅地下2階の東急東京メトロ渋谷駅観光案内所で提示すると、PASMOを無料で貸与するそうだ。

東京都の2012年度国別外国人旅行者行動特性調査によると、渋谷は東京を訪れる外国人旅行者の4割以上が訪れる、東京の中でも最も来街率の高い街となっている。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、今後ますます訪日外国人旅行者の増加が予測される中、同社では各種インバウンド施策に取り組んでいる。

page toppagetop