AppleとIBMが国際提携(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年7月23日9:00

企業向けのモバイルサービスを推進するため、AppleとIBMは戦略的な提携を結んだ。IBMのビッグデータと分析能力をiPhoneやiPadに導入する。

提携の目的は企業のモビリティを高め、ビジネスの方法をかえること。核となる分野は4つ。

100種以上の業種特有のソリューションをiPhoneやiPad向けに開発。IBMのクラウドサービスをiOS用に最適化。企業ニーズにカスタマイズしたAppleケア。機器の有効化や管理のためのパッケージ提供である。

IBMはAppleのiPhoneやiPadをソリューションつきで世界中のクライアントに販売する。AppleのTim Cook CEOによると、Fortune 500社の98%、Global 500の92%はiOS機器をビジネスに使っているという。

今後ビジネスシーンではiOS機器が俄然優勢になってくるだろう。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop