10周年を迎えた「おサイフケータイ」の次なる展開は?

2014年7月22日9:08

10周年を迎えた「おサイフケータイ」の次なる展開は?
デバイスやOSに依存しないサービスの提供を目指す

フェリカネットワークスは、「モバイルFeliCa ICチップ」の開発・製造・販売に関するライセンス事業、プラットフォーム運営事業を展開してきた。2004年に出荷を開始した「モバイルFeliCa ICチップ」は10周年を迎えたが、すでに2億4,500万個のモバイル向けICチップが出荷されている。また、2010年からはおサイフケータイ対応スマートフォン(Android)への搭載もスタートし、すでに5,000万台を超えている。同社では次世代ICチップの開発、HCE(Host Card Emulation)ソリューションの提供などのインフラ整備に加え、デバイスやOSに依存しないサービスの提供を目指している。

「モバイルFeliCa ICチップ」は三世代目
NFCフォーラムやEMVの仕様にも準拠

フェリカネットワークスでは、OSに依存しないサービスの展開を目指しているという。また「FeliCa Connect2014」では、「インタラクティブ・FeliCaカード」を紹介したように、モバイルありきではなく、他の技術を融合させたオムニチャネル対応ソリューションを提供していく方針だ。

新たなトピックとして、2014年夏からは、三世代目の「モバイルFeliCa ICチップ」の出荷を開始。フェリカネットワークスでは、Samsung Electronics Co., Ltd.、ソニー、東芝と、量産出荷を行うことで合意している。FeliCa対応サービスとの互換性があり、NFCフォーラムやEMVの仕様にも準拠したモバイル端末向けチップとなっている。暗号方式はトリプルDESに加え、AES(128bit)に対応しており、チップサイズも従来に比べ40%以上縮小したそうだ。

「モバイルFeliCa ICチップ」の1~3世代

「モバイルFeliCa ICチップ」の1~3世代

HCEソリューションは会員証、クーポン等からスタート
FeliCa SAMでスマートフォンをリーダライタとして利用可能に

クラウド戦略の強化も発表された。これは、NFCの新技術として注目されるHCE(Host Card Emulation)を活用し、おサイフケータイを構築するために必要な機能をクラウド側に実装する。利用者はAndroid4.4以降のNFC対応スマートフォンであれば、国内・海外を意識せずにグローバルでのサービス展開が可能となる。フェリカネットワークス 代表取締役社長 眞鍋マリオ氏によると、現状、HCEは「セキュリティ面の対策が必要となるが、可能性を模索している」状況であるそうだ。

フェリカネットワークス 代表取締役社長 眞鍋マリオ氏

フェリカネットワークス 代表取締役社長 眞鍋マリオ氏

「FeliCa Connect2014」ではHCEのコンセプトも紹介。従来の電子マネー等のセキュアなサービスは「“on FeliCa”プラットフォームサービス/かざすフォルダ」が従来通り利用されるが、HCEソリューションは会員証、クーポン、ポイント等での提供を想定しているそうだ。その際に、セキュリティの観点から、カード番号を別の番号に置き換えて利用するという。また、モバイルの子カードを生成する技術も紹介。カード会社と連携し、非接触ICカードをスマートフォンにかざすとクラウドに子カードのデータが生成される。利用者は生成したモバイルをカードの代わりとして利用可能だ。

HCEソリューションのコンセプト

HCEソリューションのコンセプト

フェリカネットワークでは、リーダ向けFeliCa SAM「RC-S500」も紹介。従来、おサイフケータイを利用したサービスの構築には、リーダライタ端末が必要だった。その負担を軽減するため、RC-S500をスマートフォンに挿入し、リーダライタとして利用してもらうという。これにより、小規模システムでもサービスの提供を可能としている。

リーダ向けFeliCa SAM「RC-S500」

リーダ向けFeliCa SAM「RC-S500」

「FeliCa二要素認証ソリューション」の提供を予定
ソニーとタッグを組んで海外展開を強化

そのほか、「FeliCa二要素認証ソリューション」の提供を予定している。インターネットバンキングの認証強化のためにトークンやSMSを用いた二重の認証が行われている。その際に、おサイフケータイもしくはFeliCaカードで認証を行うことで、「パスワードを入れなくてもかざすだけで認証が実現する」(眞鍋氏)という。

「FeliCa二要素認証ソリューション」のイメージ

「FeliCa二要素認証ソリューション」のイメージ

海外展開については、ソニーとタッグを組んでアジアを中心に展開しているそうだ。香港では、2013年秋から、Gemalto製のSIMカードを活用したチケットシステムをOctopusが、キャリアのPCCW-HKTと協力して実験を行ってきたが、2014年4月から商用サービスがローンチされた。同サービスでは、FeliCaアプリケーションをSIMカードにエミュレーションする形が採用されている。FeliCa ICチップについては、これまでのようにモバイル機器に埋め込んだ形態に加え、SIMやmicro SDソリューションも開発している。

SIMやmicro SDソリューションも開発

SIMやmicro SDソリューションも開発

なお、フェリカネットワークスによると、常日頃おサイフケータイを使っている人は1,000万人となっており、FeliCa対応携帯電話は7,000万台が流通しているという。しかし、昨今では、iOSの普及等により、「おサイフケータイのユーザーが流れており、一部の電子マネーのモバイル決済比率は落ちている」という声もある。同社では、ウェアラブル製品を含めて提供することにより、使えるシーンを増やしていく方針だ。従来はモバイルを中心にサービスを展開してきたが、領域を広げることで、OSに依存せず、ユーザーに便利に利用してもらいたいとしている。また、最近ではさまざまなカードサービスが登場しており、それぞれ仕様が異なっているが、同社ではそういったUXをまとめるソリューションを提供していきたいそうだ。

page toppagetop