あんしんグーパスがキッズデザイン賞を受賞(アイテック阪急阪神/スルッとKANSAI)

2014年8月7日20:12

アイテック阪急阪神とスルッとKANSAI協議会は、このほど「あんしんグーパス」で「第8回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会)を受賞したと発表した。

「あんしんグーパス」の概要(出典:アイテック阪急阪神/スルッとKANSAI協議会のプレスリリース)

「あんしんグーパス」の概要(出典:アイテック阪急阪神/スルッとKANSAI協議会のプレスリリース)

「あんしんグーパス」は、7歳(小学生)から18歳(高校生)の子供がいる保護者を対象としたスルッとKANSAI発行のポストペイ型交通ICカード「PiTaPa」のオフィシャルサービスとなる。子供が、通学や通塾で電車を利用しており、駅の自動改札機をタッチ(通過)した際に、保護者の携帯電話に日時、乗降情報をリアルタイムにメールで配信する。利用可能エリアは、スルッとKANSAI協議会に加盟している電車での自動改札機設置駅(一部を除く)となっている。

アイテック阪急阪神とスルッとKANSAI協議会では、今回の受賞を契機に、キッズデザインの特徴をアピールすることを通じて、「あんしんグーパス」のより一層の認知拡大を目指すとともに、キッズデザインの観点から優れたサービス提供を今後も真摯に取り組んでいく方針だ。

page toppagetop