ソーシャルギフトサービス「cotoco」を大手6社で取扱開始(SK planet Japan)

2014年8月8日11:17

韓国SK Planetの日本法人SK planet Japanは、「言葉を送るように、ギフトを贈ろう」をコンセプトとし、気持ちを伝えあうコミュニケーションの中でギフトを贈ることができるソーシャルギフトサービス「cotoco(コトコ)」を、2014年8月5日からサービス開始した。

「cotoco」の利用イメージ(出典:SK planet Japanのプレスリリース)

「cotoco」の利用イメージ(出典:SK planet Japanのプレスリリース)

「cotoco」は、“ありがとう”、“おめでとう”、“ごめんね”、“頑張れ”、“元気出して”、“好きだよ”など、特定のシーンに限定せず、友達、恋人、同僚などの親しい人々との間で、日々生まれるさまざまな気持ちを、手軽にギフトを添えて贈ることができるソーシャルギフトサービスとなる。利用者は、PCやスマートフォンのウェブサイト、または専用アプリから贈りたいギフトと相手を選んで、EmailやLINE、Twitterを通じてギフトチケットを贈ることが可能だ。受け取ったギフトは、店舗やオンラインストアで実際のギフトに引き換えることができる。

8月5日から、スターバックス、ツタヤオンラインショッピング、ピザーラ、ファミリーマート、マリオンクレープ、8月8日からバーガーキングで取り扱いを開始。計31種のアイテムを取扱っており、1万2,000店舗で利用可能だ。決済方法としてはクレジットカード決済、キャリア決済、コンビニエンスストア決済を利用できる。

SK planet Japanでは、3年目の2016年度には、日本のソーシャルギフト市場におけるNo.1ポジションの獲得を目標としている。

page toppagetop