ジャックスとサイモンズが提携クレジットカード「SYMONS JACCS CARD」を発行

2014年8月21日16:05

ジャックスとサイモンズは提携して、全国のサイモンズ加盟店などで利用できる「サイモンズポイント」が貯まるクレジットカード「SYMONS JACCS CARD」を2014年8月22日から募集開始すると発表した。

「SYMONS JACCS CARD」(出典:ジャックスとサイモンズのプレスリリース)

「SYMONS JACCS
CARD」(出典:ジャックスとサイモンズのプレスリリース)

サイモンズは、全国のサイモンズ加盟店や専用のポイントモールなどで利用できる共通ポイント「サイモンズポイント」を運営している。加盟店の業種は多岐にわたり、企業のみならず、国、地方公共団体、NPO法人、ボランティア団体などとの連携にも積極的に取り組み、ポイントのさまざまな利用を図っている。特徴的な取り組みとしては、有効期限切れによる失効ポイントを社会・地域貢献団体やNPO法人などに寄付することで、地方経済の活性化や社会還元型システムの構築に貢献しているという。同取り組みは昨今の社会貢献活動に対する関心の高まりもあり、各種メディアで紹介されるなど各方面から注目を集めているそうだ。

新たに発行を開始する「SYMONS JACCS CARD」は、どこで決済しても「サイモンズポイント」が200円ごとに1ポイント付与される。さらに決済された店舗がサイモンズ加盟店であれば、現金決済時に貯まるポイント(100円ごとに1ポイント)も貯まるという。また、現金専用の「サイモンズカード」同様、「SYMONS JACCS CARD」においても有効期限切れによる失効ポイントの寄付がなされるため、ポイントはすべて有効活用される。

なお、年会費は、初年度無料、2年目以降1,250円(税込)となるが、前年度に年間5万円以上カードショッピングを利用すると翌年度も無料となる。同カードの申し込みは、8月22日から、ジャックスホームページまたはサイモンズホームページで受付を開始。なお、入会特典として「SYMONS JACCS CARD」への入会者には、もれなくサイモンズポイント「500ポイント」をプレゼントする。

同カードは、ジャックスとサイモンズならびにサイモンズ加盟店が協力し推進することで、初年度2,000名、3 年後には5,000名のカード会員獲得を目指す。

page toppagetop