Beaconでビールの売り子を呼び出すサービスを京セラドームで開始(アプリックス)

2014年8月22日18:50

アプリックスIPホールディングス(アプリックス)は、アプリックスのBeaconが、日本プロ野球機構のオリックス・バッファローズ本拠地の京セラドーム大阪球場に導入され、球場内に設置された新製品の「MyBeacon Pro MB004」が、メディアアクティブが開発・提供するアプリケーション「野球場NAVI」と連携することで、球場内を案内・誘導するだけでなく、日本初となるスマートフォンからビールの売り子を呼び出すサービスを開始すると発表した。

スマホを持つビールの売り子さん(出典:アプリックスのプレスリリース)

スマホを持つビールの売り子さん(出典:アプリックスのプレスリリース)

京セラドーム大阪球場では、アプリックスのBeaconが球場内の座席に設置され、アプリケーションと連携することで、球場内のレストラン、ファストフードショップ、お土産やグッズなどの売店、あるいは化粧室や授乳室などをスマートフォンで案内・誘導することができるようになるという。さらに、観客が売店へ出向いたり、ビールの売り子を探す必要なく、自身のスマートフォンにダウンロードしたアプリケーションからビールの売り子を呼び出し、Beaconを利用してプッシュ通知を受けた売り子が席に来ることでお気に入りのビールを注文できるそうだ。

「野球場NAVI」ホーム画面(出典:アプリックスのプレスリリース)

「野球場NAVI」ホーム画面(出典:アプリックスのプレスリリース)

今回、京セラドーム大阪球場に導入されたアプリックスのBeaconは、iBeacon licensed technologyを用い、商用利用向けBeaconの必須機能である位置測位の精度向上と端末の負荷を軽減する通信方式を採用し、電子認証によるセキュリティ機能などを備えるとともに、盗難防止対策が施されたタイプの製品となる。

アプリックスでは、今回の京セラドーム大阪球場での導入を皮切りに、今後、日本プロ野球の各野球場においてアプリックスのBeaconとメディアアクティブのアプリケーション「野球場NAVI」との連携を進めていきたいとしている。

page toppagetop