インドへモバイル送金強化(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年8月25日9:00

英国銀行のバークレイズは、インドへのモバイル送金を強化することになった。現在英国系インド人は150万人、英国への観光客や学生は100万人になる。

バークレイズのモバイル送金はPingitというサービス名称で、英国内での送金やケニア、ガーナ、ジンバブエ、モーリシャスなどへの送金を展開中。

携帯電話番号がわかれば簡単に送れる。送り手も受け手もバークレイズの口座顧客でなくてもいい。送金額は最低25ポンドから最高1,500ポンドまで。48時間後に受取れる。送金手数料は無料だ。

英国からインドへの送金市場は25億ポンドを超える。はたしてバークレイズのモバイル送金サービスは、どれだけのシェアを確保できるのだろうか。送金手数料が無料という武器は強そうだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop