米国カードEMV加速(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年8月29日9:00

米国のカード発行会社が、ICカード化にようやく本腰を入れはじめた。大手7社は2015年末までに5億7,500万枚強のICカードを発行する。

大手7社とはバンクオブアメリカ、キャピタルワン、チェイス、シティ、ディスカバー、ウェルズファーゴ、USバンク、NFCUだ。

6億枚弱のICカードが発行されれば、米国総発行枚数の約2分の1がICカード、残り半分が磁気カードとなる。

IC化がすすめば、カード保有者もマーチャントも磁気カードよりセキュアな取引きが可能になり、不正が減る。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop