盗難カードの売買価格(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年8月30日10:35

ロシア人がサイバー攻撃で盗んだカード情報が、オンラインで売買されている。ターゲットは米国の金融機関や小売POSなど。

通称「トラック2」というウラジオストクのハッカーたちは、29件の盗難で起訴された。銀行詐欺容疑で5件、コンピュータ破壊で8件、情報不正取得が8件、個人ID窃盗が5件など。

カードや金融情報などを販売して得た金額は200万ドル。約2億円だ。ロシアから遠隔操作で情報を盗み、オンラインの闇市で販売した。

カード情報はいくらで売買されているのだろう。このケースの場合、95%保障の決済カードデータは1件20-30ドル。65%保障のカードは7ドルだった。保障というのはあくまでもハッカーたちがつけたものだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop