個人返済に2ndチャンス(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年9月4日9:00

決済革命を推進する英国決済協会は、主要金融機関が、返済が遅れた消費者にセカンドチャンスを与えるサービスをはじめると発表した。9月1日から。

通常クレジットカードや住宅ローンの約定日に返済が遅れると、違約金が徴求される。銀行口座から振替の場合、預金残高がなければ、再引落しをしない場合が多い。

英国銀行は口座残高が不足して返済が遅れた場合、その日の午後2時までに入金すれば、再引落しをする。現在英国金融機関は午前中に引落処理を実行している。

英国リテールバンキング分野では、顧客サービスを充実させ、顧客満足度と顧客の体験価値を高めるため、金融サービスの改革をおこなっている。セカンドチャンスを与えるという「リトライペイメント」は、その一環だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop