E-village FESTIVALでO:derによる事前決済サービス導入(Showcase Gig)

2014年9月1日20:01

Showcase Gig(ショーケース ギグ)は、イーヴィレッジフェスティバル実行委員会が主催するヨーロッパのライフスタイルイベント「E-village FESTIVAL2014(イーヴィレッジフェスティバル2014)」に出店する「シャンパンハウス spuma spuma by caffe amarena(スプーマスプーマ)」にて、モバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」を導入すると発表した。

モバイルウォレットサービス「O:der」の利用イメージ(出展:Showcase Gig)

モバイルウォレットサービス「O:der」の利用イメージ(出典:Showcase Gig)

「E-Village FESTIVAL2014」は、11日間の開催で15万人の来場者を見込んでいる、今までありそうでなかったヨーロッパ文化交流をテーマにした、食べて・飲んで・触れて・感じるヨーロッパフェスティバルとなる。

今回、Showcase Gigが提供する「O:der」のスマートオーダー機能を使って、イベント内での飲食購入の事前注文・決済を可能にする。

「O:der」は、2013 年に提供を開始し、決済からCRMまでの機能をワンストップで提供可能なモバイルウォレットサービスで、現在は東京都内の飲食店を中心に展開している。導入店舗においては、平均再来店率を大幅に向上させるなどの成果を上げているという。

page toppagetop