UPSでデータブリーチ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年9月6日9:00

米国配送会社UPSで、カード情報が盗まれたと発表した。ハッカーが遠隔からマルウェアをインストールし、情報をスキャンした。

UPSは24州に4,470拠点をもっているが、その約1%に相当する51カ所のレジスターから、マルウェアが発見された。マルウェアはすでに除去したという。

51カ所のサービスで、2014年1月20日から8月11日までの間に、デビットカードやクレジットカードを使った情報が盗まれたのだ。

米国では大手小売のターゲットやニーマンマーカス、マイケルズ、スーパーバリュー、アルバートソンなどのカード情報がサイバー攻撃を受け、カード情報が流出している。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop