Citiが新OLウォレット(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年9月8日9:00

日本では小売部門を売却するという方針を固めたシティだが、世界ではリテールバンキングが収益の柱になっている。

米国ではクレジットカード取扱高が約20兆円強で第4位、残高では9兆円弱でおなじく第4位。デビットカードでは取扱高3兆円弱で第11位となっている。

先進技術への対応もはやく、米国ではじめてオンライン専用のウォレットを開発導入している。シティではこのウォレットをさらに進化させた。

採用したのはMasterPass。MasterCardが推進するウォレットをシティが採用した。利用者はシティカードを登録しておけば、ワンクリックでショッピングできる。利用できるのはMasterPassの加盟店だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop