非接触ATMに5億ユーロ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年9月12日9:00

スペインのCaixaBank(カイシャ銀行)が非接触ATMに5億ユーロ投資すると発表した。台数にして8,500台。1台あたり約800万円になる。

ベンダーは富士通だ。10年のパートナーシップ契約で、総額700億円の受注となる。今年から導入を開始する。富士通とCaixaBankは2011年から非接触ATMのプロジェクトを組んでいた。

利用者はATMにカードを挿入する必要がなく、タップするだけでいい。非接触に対応するため、モバイル機器やウェアラブルでの入出金も可能になる。

CaixaBankによると、従来のカード挿入にくらべ、30%もトランザクションが速くなるという。新ATMは、自動通帳認識機能や現金のリサイクル機能も搭載している。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop