10月10日に計46ショップの新生「アトレヴィ三鷹」オープン

2014年9月12日20:48

アトレ運営のDila(ディラ)三鷹は、2014年10月10日に改装・店名変更のうえ、隣接する駅ビル「アトレヴィ三鷹」と統合して、計46ショップの新生「アトレヴィ三鷹」としてオープンすると発表した。

改札内 3F イメージ(出典:アトレのプレスリリース)

改札内 3F イメージ(出典:アトレのプレスリリース)

今回、「Dila三鷹」は、三鷹駅のリニューアルにあわせ、2014年10月10日より隣接する駅ビル「アトレヴィ三鷹」に統合し、アトレ・アトレヴィ共通のポイントカードであるアトレカードおよびアトレクラブビューSuicaカード(クレジット付)が現Dila各ショップでも使用できるようになる。

また、これまで利用者に支持されてきた、駅・エキナカならではのショップラインナップはそのままに、改札内4階および北口1階にNEW SHOPがオープンすると共に、一部店舗で改装・業態変更等を行う。

なお、統合後の「アトレヴィ三鷹」は三鷹駅全体に拡がるため、全館を大きく「改札内」「改札外」の2つのエリアに区分し、利用者にわかりやすく案内するとともに、三鷹を象徴する緑や文化の要素を取り入れながら、快適で居心地の良い空間を提供すべく環境改善を行うそうだ。これにあわせて現在の「アトレヴィ三鷹」についても、外装やエスカレータ周辺等の環境改善を行いリフレッシュするという。

page toppagetop