「ちびまる子ちゃん」の立体型ICカードを香港・オクトパスが販売(日本アニメーション)

2014年9月19日22:00

「ちびまる子ちゃん」の商品化を展開する日本アニメーションは、ライセンスエージェントであるキングエンタープライズ リミテッドを通じて、香港のプリペイド型ICカード「オクトパス」の運用企業オクトパスカーズ リミテッドに、「ちびまる子ちゃん」(現地名:櫻桃小丸子)をライセンスしたと発表した。「ちびまる子ちゃん」をかたどった立体型のICカード「3Dちびまる子ちゃん オクトパスオーナメント」が9月24日に発売されるという。

「3Dちびまる子ちゃん オクトパスオーナメント」子ども用(Child)(出典:日本アニメーションのプレスリリース)

「3Dちびまる子ちゃん オクトパスオーナメント」子ども用(Child)(出典:日本アニメーションのプレスリリース) © SAKURA PRODUCTION / NIPPON ANIMATION

商品は、全3種類(大人用:Kimono, School/子ども用:Child)で、大人用(Kimono, School)にはボールチェーン、子ども用(Child)にはネックストラップが付属されている。

「オクトパス」は、香港全域で使用できるプリペイド型ICカードおよび、カード型以外のIC機能製品となる。日本の「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」と同様にFeliCa ICカード技術を使用しており、交通カードとしてだけでなく、コンビニエンスストアやファストフードチェーン、スーパーマーケット、パーキングメーターなど、多くのシーンでマネーカードとして使用されている、香港唯一の交通系ICカードとなる。過去には「ハローキティ」、「ワンピース」、ファッションブランド「Paul Frank(ポールフランク)」などの起用実績もあるそうだ。

page toppagetop