JIVFがベトナムで日系イシュア初となるクレジットカード事業へ参入(ジャックス)

2014年9月22日18:39

ジャックスグループのJACCS International Vietnam Finance Co.,Ltd.(JIVF)は、2015年1月を目処に、ベトナム国民向けにクレジットカード事業を開始すると発表した。日系イシュアが同国においてクレジットカードを発行するのは初となる。

JIVFは2010年4月にベトナム国家銀行(中央銀行)より、ジャックス100%出資によるファイナンスカンパニーライセンスを取得した。現在、ベトナムで二輪車販売金融を中心に事業を展開しており、加盟店拡大により債権残高・取扱い件数ともに着実に増加しているそうだ。

今回、JIVFが同国でクレジットカード事業を開始するにあたっては、これら二輪車販売金融ならびにバイクローン完済者向け無担保証書貸付などの既存優良会員を対象に、各種入会プロモーションを展開することで、カード会員獲得を図るという。

まずは、自社ブランドのプロパーカードから発行を開始し、同国でのクレジットカード事業における各種ノウハウ蓄積を最大限に図るそうだ。その後、同国へ進出している日系企業を中心にパートナーシップを組むことで、提携カードの発行を目指す。

なお、同国は現在、小売り・流通業の外資規制緩和を進めており、今後も日系企業の進出が見込まれる。各日系企業と提携し様々な独自サービスを付帯したカードを発行することで、同国民の多様な消費ニーズに対応し、カード会員獲得を目指す。

JIVFは今回のクレジットカード事業参入により、初年度は2万枚、5年後には13万枚のカード会員獲得を目標としている。

page toppagetop