インドネシアで超富裕層向け券種「ULTIMATE」を展開(JCB)

2014年9月26日17:00

ジェーシービーと、海外業務を行う子会社のジェーシービー・インターナシ ョナル、および、インドネシアにて業務を行う現地子会社、PT. JCB International Indonesiaは、インドネシアで拡大中の超富裕層向けに、JCBプラチナの上位券種「ULTIMATE」(アルティメット)の展開を開始すると発表した。ジェーシービーのパートナー銀行である同国大手商業銀行のPT. CIMB Niaga Tbk(CIMBニアガ)は、2014年10月より同行の口座保有者のうち一部の対象顧客向けに、完全招待制のJCBブランドのクレジットカード「CIMB Niaga ULTIMATE JCB CARD」のインビテーションの発送を開始する。

CIMBニアガは、1955年設立のニアガ銀行が、2002年にマレーシア第2位(資産規模)の大手金融グループであるCIMBグループの傘下に入り誕生した大手商業銀行となる。全国に約600の支店と約2,000台のATMネットワークを展開し、加盟店ネットワークの運営のほか約150万枚のクレジットカードを発行している。ジェーシービーとCIMBニアガは2013年7月にJCBカード発行について提携して以来、拡大・成長する富裕層のニーズに応えるカードサービスについて協議を重ねてきた。ULTIMATEは、東南アジアで発行されるJCBブランドカードにおいて、初めてJCBプラチナの上位に位置する券種となる。

「CIMB Niaga ULTIMATE JCB CARD」は、CIMBニアガが強みとする富裕層向けビジネスにJCBならではのサービスを融合することで、同国最高クラスのカードサービスを実現している。ショッピング時のポイント付与率が一般カードの9倍、一部の国外利用(日本、中国、韓国、台湾)での4%のキャッシュバック、コンシェルジュデスクのほか、空港ラウンジサービス(スカルノハッタ国際空港[国内線/国際線])や国内優待店(計350店)の利用、同カード会員限定の空港ラウンジでのチェックイン代行サービスなど、充実したサービスを付帯している。このほか、ジェーシービーがインドネシア国外で展開する加盟店優待(約1,600店)や、会員専用サービスデスク(「JCB PLAZA」など)も利用可能なカードとなっている。

page toppagetop