電子プリペイドカードPOSAが「2014年度グッドデザイン賞」を受賞(インコム)

2014年10月7日16:31

インコム・ジャパンは、同社が提供しているPOSA(InComm’s Point of Sales Activation)が、このほど2014年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞したと発表した。POSAはデジタルコンテンツをカードという親しみやすい形状で表現し、POSとの融合により安全な決済を可能にした結果、特に「電子情報の販売モデルデザインとして秀逸である。」として高い評価を得たそうだ。インコム・ジャパンでは今回の受賞を契機にPOSAの認知度の拡大を図るとともに、POSAカードを単なるプリペイドカードではなく、ギフトとして贈りあう、新たなライフスタイルの確立を積極的に推進していくという。

グッドデザイン賞ウェブサイトでのPOSAの紹介(出典:グッドデザイン賞のWebサイト)

グッドデザイン賞ウェブサイトでのPOSAの紹介(出典:グッドデザイン賞のWebサイト)

インコム・ジャパンのPOSAとは、POSレジで支払いが完了した時点で対象のカードを有効化する技術のこととなる。POSA技術により、カード発行会社はカードが販売店の一等地に陳列されることで、単なる決済手段だけでなく、プロモーション手段、新たなサービスやデジタルコンテンツ、ソフトウェアの販売ができる。販売店は在庫や盗難等のリスクを解決し、効率的なオペレーションの実現が可能だ。購入者はPOSAカードにより簡単かつ安全な決済手段を可能としている。

なお、グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動となる。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は3万9,000件以上にのぼる。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞となっている。

企業名 所在地 HP MAIL
インコム・ジャパン株式会社 〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル41F
[TEL] 03-6279-4881 [FAX] 03-3348-3066
HP
メール
サービス概要
インコム・ジャパンは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術の提供を行っており、北米を中心に約400,000ヶ所の流通・販売網を構築しています。2013年度においては約2.8兆円のプリペイドカード、ギフトカードを流通、販売しています。インコム・ジャパンの最新POSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)は、前払い式製品の販売方法を大幅に改善するとともに、製品を購入する消費者の購入プロセスを大幅に簡素化するなど小売市場における大きな変革をもたらしました。インコムは米国アトランタを本社とし日本、カナダ、イギリス、韓国などを含む30カ国にて展開しています。

page toppagetop