駐車場「ナビパーク」の利用料金を一括精算できる専用カード発行(三井住友カード等)

2014年10月7日16:40

スターツアメニティーと三井住友カードは提携し、法人専用カード「ナビパークビジネスカード」による、時間貸駐車場「ナビパーク」の利用料金の一括後払い精算サービスを2014年10月7日から開始すると発表した。カード年会費は600円(税抜)となる。

レジットカードで精算可能な首都圏の「ナビパーク」で利用できる「ナビパークビジネスカード」(出典:三井住友カードのプレスリリース)

レジットカードで精算可能な首都圏の「ナビパーク」で利用できる「ナビパークビジネスカード」(出典:三井住友カードのプレスリリース)

同サービスは、社外での営業活動や工事等で駐車場の利用頻度が高い事業者にとってメリットが大きいサービスとなる。ナビパークビジネスカードを導入した事業者の営業・工事担当者は、首都圏のナビパークをキャッシュレスで利用することができ、利用料金の立替えによる負担や、経費精算の手間が解消されるそうだ。

さらに、利用料金は銀行口座からの一括精算なので、経費精算の管理者にとっても、経費処理にかかる事務作業を大幅に軽減できるとしている。また、毎月郵送のカード利用料金明細書から、利用日・利用者・場所・料金をひと目で把握できるので、事務管理も容易になるという。

page toppagetop