スマートビューロでJCBの非接触IC決済サービス「J/Speedy」に対応(DNP)

2014年10月9日19:05

大日本印刷(DNP)は、NFC対応のスマートフォンやおサイフケータイにクレジットカード等の機能をネットワーク経由で追加(リモート発行)するサービス「スマートビューロ」に、JCBの非接触IC決済サービス「J/Speedy」のリモート発行機能を追加すると発表した。

Visa payWave、MasterCard PayPassTM、JCB J/Speedyの3つの非接触IC決済に対応したリモート発行サービス(SP-TSM:Service Provider-Trusted Service Manager)は、世界で初となる。

DNPのスマートビューロのイメージ(出典:DNPのプレスリリース)

DNPのスマートビューロのイメージ(出典:DNPのプレスリリース)

J/Speedyは、カードやスマートフォンを店頭の決済端末にかざすだけで、スピーディーな支払いができるJCBの非接触決済サービス。国際仕様に準拠しているため、端末の開発や導入に関わるコストの削減とリードタイムの短縮が可能となる。JCBが、10月より実施するモバイル端末向けJ/Speedyの実証実験では、DNPのリモート発行サービス「スマートビューロ」が利用される。

DNPのスマートビューロは、クレジットカードや会員証、電子マネーなどに対応した機能を、サービス提供者に代わって、スマートフォンやおサイフケータイなどのモバイル端末にリモート発行するSP-TSMサービスとなる。サービス提供者が保有する会員番号などの個人情報を、ICカードに書き込み可能なデータとして生成したうえで、ネットワーク経由で安全に送信し、モバイル端末に搭載されているICカード(UICC)に書き込みを行う。その際、追加した機能のサービス案内などの情報を会員にメールまたは郵送で届けるという。

DNPは世界で唯一、FeliCa、ISO/IEC14443 TypeAおよびTypeBの3つの非接触通信方式に対応したリモート発行の実績があるそうだ。また、電子マネーやポイントカードなどの複数のサービスを、お財布に見立てた“ウォレット”アプリで管理する「モバイルWalletサービス」は、スマートビューロと組み合わせて提供できるという。

DNPは、スマートビューロを国内の金融機関や流通・小売企業に提供するほか、アジア地域を中心に海外にも積極的に展開していく方針だ。また、モバイル端末を活用した会員サービスの導入支援や、会員とのコミュニケーションを活性化するプロモーションツールの提供など、サービス提供者をトータルに支援していく。

DNPは、スマートビューロに関連して、2016年度までの3年間累計で10億円の売上を目指す。

page toppagetop