「TULLY’S CARD」を利用する“タリーズファン”は順調に増加

2014年10月10日8:00

Cashless, Speedy, Smart +Value!
「TULLY’S CARD」を利用する“タリーズファン”は順調に増加
季節限定デザインカードも好評

タリーズコーヒージャパンが発行する「TULLY’S CARD(タリーズカード)」※1は、タリーズコーヒー全店※2で利用可能なチャージ式プリペイドカード(発行費用/年会費無料)。TULLY’S CARDを利用すれば、キャッシュレスで支払いができ、そのうえドリンク1杯につき10円引き※3となる。また、季節に応じたデザインカードの発行やWEB会員サービス「CLUB TULLY’S」との連動により、“タリーズファン”を獲得するためのカードとして活用されている。

※1 カード発行元:三井住友カード株式会社  カード販売元:タリーズコーヒージャパン株式会社
※2 一部利用できない店舗があります
※3 ペットボトル飲料等一部商品を除く

紙のドリンクチケットを「TULLY’S CARD」に切り替え
1,000円単位で2万円まで入金可能

「TULLY’S CARD(タリーズカード)」は、2011年11月2日に発行を開始した。同社ではそれまで紙のドリンクポイントカードを発行していたが、「お客様目線で考えたとき、もっと便利で、使いやすく、少しでも経済的メリットが感じられるサービスが望ましいと考えました。そこで、ドリンクチケットをプリペイドカードに切り替えてサービスを拡充することを決め、『TULLY’S CARD』を発行することにしました」と、タリーズコーヒージャパン マーケティング本部 マーケティング第一グループ チームリーダー 樋笠圭氏は説明する。TULLY’S CARDの発行に伴い、ドリンクポイントカードの発行は終了した。

1杯につきいつでも10円引きで購入できる「TULLY'S CARD(タリーズカード)」

1杯につきいつでも10円引きで購入できる「TULLY’S CARD(タリーズカード)」

タリーズコーヒーでは、コーヒー豆を購入した顧客にスタンプを押す「ビーンズポイントカード」、キャンペーンでのドリンクチケットの配布は行っているが、中心となるサービスは「TULLY’S CARD」に切り替え、顧客へのサービスを充実させている。

顧客が「TULLY’S CARD」を利用してドリンクを注文した場合、1杯につきいつでも10円引きで購入できる。樋笠氏は、「『TULLY’S CARD』の利用情報をもとに、顧客の性別、年代や利用頻度等を分析することで、新商品の開発や効果的なキャンペーンの企画につなげていきたい」と話す。

チャージ金額は1,000円単位で、1,000円以上2万円まで任意に選ぶことができる。タリーズコーヒーの主力商品となるドリンク類の販売価格は300円~500円(税込)が中心であり、一度だけではなく繰り返し利用してもらうこと、使いやすく、現実的であるという視点からこの設定になったそうだ。

また、有効期限については、1年では短すぎて使いづらく、5年以上になると期限設定として長すぎると考え、2年間に設定している。樋笠氏は、「当社のサービス、商品そのものを気にいっていただき、少しでもお得に、便利に『TULLY’S CARD』をご利用いただきたいです」と笑顔を見せる。

夏、冬、春に数量限定で、“季節限定デザインカード”を発行
専用のギフトケースも用意

利用促進については、年に1~2回程度、3,000円チャージ毎にドリンクチケット(ショートサイズのドリンク1杯無料)をプレゼントするキャンペーンを実施。

季節限定カードも人気。タリーズカード2013ホリデー限定(上)、タリーズカード2014サマー限定(左下)、タリーズカード2014スプリング(右下)

季節限定デザインカードも人気。タリーズカード2013ホリデー限定(上)、タリーズカード2014サマー限定(左下)、タリーズカード2014スプリング(右下)

カードを活用したプロモーションとしては、レギュラーデザインカードのほかに、夏、冬、春に数量限定で、“季節限定デザインカード”を発行している。夏は花火、冬はクリスマスといったように、季節の風物詩をモチーフにしたデザインが中心で、「お客様がカードを持つきっかけになっている」(樋笠氏)という。また、カードをコレクションしている人もいるそうだ。

他にも、伊藤園の販売する『TULLY’S COFFEE』ブランドのプレゼントキャンペーンでは、店舗では手に入らないオリジナルデザインカードも企画しており、お客様からの人気も非常に高いようだ。タリーズカードによって、伊藤園グループのシナジーも生まれている。

自己利用だけではなく、ギフト需要にも対応できるように、TULLY’S CARD専用のギフトケースを用意している。このギフトケースは、店頭で言えば無償でもらえるとのこと。形状にもこだわっており、封筒型ではなく、風呂敷のように包み込む形にしているそうだ。

サービス開始から約3年が経過したが、カードの総発行枚数は、当初の計画を大きく上回っているという。また、「利用率も想定以上に推移しており、お客様から一定の支持をいただけている」と樋笠氏は微笑む。

特にチャージキャンペーンや限定デザインカードの発行時に、チャージ金額や発行枚数ともに大きく伸びるそうだが、「今まで月に一度しかご利用いただけていなかったお客様が、2回、3回・・・となるのが本当の意味での成果だと思います。全体の客数からみればまだまだタリーズカード・ユーザー数は伸びると考えています」と樋笠氏は課題を口にする。

「CLUB TULLY’S」に10枚までカード登録可能
カード間の残高移行など、プラスαのサービス強化でファン作りを強化

『TULLY’S CARD』のさらなる利便性向上に向け、2013年4月から、Web会員サービス「CLUB TULLY’S」をスタートしました。同サービスはTULLY’S CARD利用者以外でも無料で登録できるが、カード利用者はさらにお得なメリットがある。前述のように、季節ごとのデザインカードをコレクションする人もいるが、店舗での会計時は1枚のカードしか利用できないため、残高が不足する場合には追加でチャージする必要がある。TULLY’S CARD利用者は「CLUB TULLY’S」に10枚までカードを登録でき、2013年7月からは登録したカード間で残高を移行できるようにした。また、少しでも簡単にサービスを利用してもらうため、Facebookと連携しての登録が可能となっている。

タリーズコーヒージャパン マーケティング本部 マーケティング第一グループ チームリーダー 樋笠圭氏

タリーズコーヒージャパン マーケティング本部 マーケティング第一グループ チームリーダー 樋笠圭氏

その他にも、CLUB TULLY’S初回登録時に「サンクスドリンクチケット」プレゼント※4や、2名以上で利用できる「電子インビテーションチケット」を会員全員に配信したり、特定の商品を購入すると抽選で「1,000円チャージ」が当たるキャンペーンを実施するなど、さまざまな企画/サービスを不定期に実施している。

なお、「TULLY’S CARD」のASPサービスはカード会社の三井住友カードが行っている。樋笠氏は、「三井住友カードはクレジットカードやギフト券、オリジナルのプリペイドカードを提供されていますので、相互に送客できるという点では頼もしいパートナーであると考えています。継続して一緒にファンづくりをしていくことや、サポート面なども含め、協力していただいています」と説明する。

今後の機能拡張についても検討している。現在、他の飲食・カフェチェーンでは、クレジットカードを利用したWebからの入金、マイクロギフトなどSNSとの連動サービスも活発化している。タリーズコーヒーの顧客層は20代後半から40代が中心だが、「最終的にはお客様が使いやすく、メリットを感じていただける機能であれば、追加を検討していきたい」と樋笠氏は話す。

具体的な目標は非公表だが、「個人的には、2-3年後には現状の2~2.5倍の会員数にすることが目標です。利便性を高め、もっと魅力のあるカードにすることで、より多くのお客様に“タリーズファン”になっていただきたいと考えています」と力強く語った。

⇒⇒特集トップへ

page toppagetop