シティがSFに新コンセプト支店(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年10月17日9:00

銀行のオムニチャネル化が進んでいる。シティバンクは最新のフラグシップ支店をサンフランシスコにオープンした。

広さは6,400スクエアフット。サンフランシスコの金融街で、シティの金融商品とサービスすべてを提供するスマートバンキングを提供する。

シティにとってサンフランシスコは、鍵となる市場。そこでオンラインとモバイルのサービスを提供し、支店との連携を進化する。

新支店の目的は、サンフランシスコの多様な顧客にプレミアムでパーソナルなサービスを提供することだ。支店にはタッチスクリーンのテレビとオンラインキオスクを設置。有人対応として、フィナンシャルアドバイザーと住宅ローンのコンサルタントを配置している。

多言語に対応するのも特徴。英語はもちろん、アラビア語、広東語、グルジア語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、ロシア語、タガログ語など13カ国の言語を話せるスタッフをそろえた。残念ながら日本語が話せるスタッフはいない。日本の存在感がサンフランシスコでは低いのだろう。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop