POSA技術を採用した新しいOfficeを10月17日より発売(インコム・ジャパン)

2014年10月17日18:39

インコム・ジャパンは、日本マイクロソフトが提供する新製品「Office PremiumプラスOffice 365サービス」(Office Premium)および「Office 365 Solo」の購入と使用の際に必要となるPOSAカードの取り扱いを開始すると発表した。同カードはインコム・ジャパンのPOSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)を導入した家電量販店にて、2014年10月17日より発売される。

左から「Office 365 Solo(1年ラインセンス)」(税抜参考価格:1万1,800円 )、「Office365 サービス(Office Premium搭載パソコン専用)」(税抜参考価格:5,800円)(出典:インコムジャパンのプレスリリース)

左から「Office 365 Solo(1年ラインセンス)」(税抜参考価格:1万1,800円
)、「Office365 サービス(Office Premium搭載パソコン専用)」(税抜参考価格:5,800円)(出典:インコムジャパンのプレスリリース)

同製品は日本市場向けに最適化した個人向けの新しいOfficeとして位置づけられ、1年間のサブスクリプションモデルとなっている。Office Premiumは、日本において長年幅広いユーザーから好評を得ているOfficeプレインストールPCと、すでに海外で提供され、急速に普及が進むクラウドサービスOffice 365のそれぞれの利点を組み合わせた日本独自の製品となる。

通常、パソコン・ソフトウェアの販売には、仕入れや在庫リスクといった多くの負担が販売店側に発生する。インコム・ジャパンが提供するPOSA技術(POSレジで支払が確定した時点で商品等を有効化する技術)の導入により盗難、紛失、仕入れ、在庫、返品等の流通上のリスクを負うことがなくなるそうだ。カードの発行会社である日本マイクロソフトもインコム・ジャパンの同技術を採用したことから、積極的な陳列・販売が可能となった。

企業名 所在地 HP MAIL
インコム・ジャパン株式会社 〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル41F
[TEL] 03-6279-4881 [FAX] 03-3348-3066
HP
メール
サービス概要
インコム・ジャパンは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術の提供を行っており、北米を中心に約400,000ヶ所の流通・販売網を構築しています。2013年度においては約2.8兆円のプリペイドカード、ギフトカードを流通、販売しています。インコム・ジャパンの最新POSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)は、前払い式製品の販売方法を大幅に改善するとともに、製品を購入する消費者の購入プロセスを大幅に簡素化するなど小売市場における大きな変革をもたらしました。インコムは米国アトランタを本社とし日本、カナダ、イギリス、韓国などを含む30カ国にて展開しています。

page toppagetop