MCXがインコムと提携(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年10月23日9:00

米国小売やファストフードなどの団体MCX(Merchant Customer Exchange)は、POSソリューションを提供するインコムと戦略的パートナーシップを結ぶことになった。

MCXには、ウォルマートやセブン11、ベストバイ、Kマート、シアーズ、CVSファーマシーなどの小売、あるいはシェル石油やコノコ、サノコ、フィリップス66などのガソリンスタンド、ウェンディーズやダンキンドーナツ、オリーブガーデンなどのファストフードが参画するコンソーシアムだ。

Googleウォレットやソフトカード(旧ISIS)などのモバイルNFC非接触決済に対抗して組成した。顧客をモバイルキャリアやGoogle、Amazonにとられたくないというのが本音。

先日発表したモバイル決済カレントシー(CurrentC)はNFCではなく、バーコードをスマートフォンに表示して決済する。ここでインコムのPOSソリューションを使おうという計画だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop