カード入会申し込み向けのタブレット手書き入力ソリューション発売(富士ソフト)

2014年10月23日23:16

富士ソフトは、タブレットから手書きで入力/登録できるクレジットカード入会申し込み向けのタブレット手書きソリューション、「SmartEntrySheet(スマートエントリーシート)」の販売を2014年11月1日より開始すると発表した。

クレジットカード申込受付業務のイメージ(出典:富士ソフト)

クレジットカード申込受付業務のイメージ(出典:富士ソフト)

「SmartEntrySheet」は、紙の入会申込書と同じ登録画面を表示し、タブレットから手書き入力できるという。手書き入力したデータは、高い文字認識精度と予測変換でスムーズに文字変換され、その場でデータ登録が完了するそうだ。また、手書きデータはそのまま画像データとしても登録できる。

クレジットカード入会申し込みに加えて、さまざまな場面で利用される伝票・帳票を、タブレットから手書き入力し、そのまま登録可能だ。富士ソフトは、提案から保守まで顧客のシステム環境/要望に合わせた「SmartEntrySheet」のトータルソリューションを提供するという。

なお、販売価格は、100IDの場合800万円、ライセンス保守費用が160万円となる(サーバ環境構築、カスタマイズ費用、カスタマイズ保守費用は別途必要)。富士ソフトでは、2016年度末までに17億円を目指す。

page toppagetop