auユーザー向け新クレジットカードの発行業務を受託(三菱UFJニコス)

2014年10月27日18:32

三菱UFJニコスは、KDDIフィナンシャルサービスと提携し、同社がこのほどauユーザー向けに提供する「au WALLETクレジットカード」の発行業務を受託すると発表した。新カードは10月28日に会員募集がスタートする予定だ。

「au WALLETクレジットカード」(出典:三菱UFJニコスのプレスリリース)

「au WALLETクレジットカード」(出典:三菱UFJニコスのプレスリリース)

新カードは、KDDIが展開している「au WALLET」の新サービスとして投入するもの。日々の買い物や公共料金のほか、au利用料金の支払いにも使え、auのポイントサービス「WALLETポイント」がお得に貯まるカードとなる。

なお、新カードはKDDIグループが発行主体となる最初のクレジットカードで、同グループでカード事業を担うKDDIフィナンシャルサービスが発行者となり、入会促進やポイント業務およびWebサービスを担う。三菱UFJニコスは、カード発券、会員管理、売り上げ請求など、その他の業務全般を受託する。

三菱UFJニコスでは、クレジット事業で培ってきた経験やノウハウ、システムを生かし、KDDIグループがauユーザー向けに提供する決済サービスを全面的にバックアップする方針だ。

page toppagetop