WFがApple Pay利用促進(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年11月7日9:00

米国のApple Pay関係者は、これをぜったいに成功させようと強い意識をもっている。さもなければ、モバイルNFC決済は消費者から見放されてしまうからである。

ウェルズファーゴはApple Pay利用促進のため、インセンティブをつけることにした。クレジットカードでApple Payを利用する人には20ドルのクレジット。デビットやプリペイドカードの利用者には10ドルのクレジットをつける。

期間は11月30日まで。この間にクレジットカードでApple Payを利用すれば、請求額から20ドルが減額される。デビットやプリペイドカード利用者は利用から45日以内に口座に10ドルが振込まれる。

Apple PayはNFC非接触という利便性だけでなく、カード番号をトークン化して利用するためセキュリティが格段に強化される。カード業界ではこの普及の足がかりになるとみているのだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop