ビットキャッシュカードのバリアブルカードがセブン-イレブンで発売(インコム)

2014年11月27日11:43

ビットキャッシュは、2014年11月27日から、インコム・ジャパンのPOSA(InComm’s Point of Sales Activation)技術を活用し、「ビットキャッシュカードST、EX」を全国のセブン-イレブンにて販売を開始すると発表した。

左から「ビットキャッシュカードST」「ビットキャッシュカードEX」(出典:ビットキャッシュとインコム・ジャパンのプレスリリース)

左から「ビットキャッシュカードST」「ビットキャッシュカードEX」(出典:ビットキャッシュとインコム・ジャパンのプレスリリース)

「ビットキャッシュカード」はオンラインゲーム、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、動画や音楽のダウンロード等をはじめとした多くのウェブサービスにおいて、プリペイド形式で決済が可能な電子マネーとなる。従来はカード額面での購入のみ可能だったが、購入金額をユーザーが決定できる新しい仕組みを活用した「バリアブル」カードとして、セブン-イレブンにて先行発売する。

購入方法は、店頭のレジにビットキャッシュカードを持って行き、1,500円から5万円まで希望の購入額を伝えると、レジタッチパネルに金額が表示されるので、希望金額に間違いがなければ、確認ボタンをクリックし、あとは料金を支払うだけとなる。

バリアブルカードを導入することにより、小額を希望する新規ユーザーから経験豊富なユーザーまで、1枚のカードでの対応が可能となる。使用方法はこれまでのビットキャッシュと同様で、ビットキャッシュ加盟店のWebサイトの商品・サービス購入画面で、カード裏面に記載されている「ひらがなID」を入力し、購入代金の支払いに利用可能だ。

なお、ビットキャッシュは、インターネットで利用できる電子マネー「BitCash(ビットキャッシュ)』を発行しており、累計加盟店数は8,200件以上、決済流通額は615億円(2013年度実績)となる。

企業名 所在地 HP MAIL
インコム・ジャパン株式会社 〒163-0610
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル41F
[TEL] 03-6279-4881 [FAX] 03-3348-3066
HP
メール
サービス概要
インコム・ジャパンは、ギフトカードおよびプリペイドカードに関連した技術の提供を行っており、北米を中心に約400,000ヶ所の流通・販売網を構築しています。2013年度においては約2.8兆円のプリペイドカード、ギフトカードを流通、販売しています。インコム・ジャパンの最新POSA技術(InComm’s Point of Sales Activation)は、前払い式製品の販売方法を大幅に改善するとともに、製品を購入する消費者の購入プロセスを大幅に簡素化するなど小売市場における大きな変革をもたらしました。インコムは米国アトランタを本社とし日本、カナダ、イギリス、韓国などを含む30カ国にて展開しています。

page toppagetop