福岡エリアの駅で交通系ICカードの全国相互利用をPR(PASMO協議会等)

2014年11月27日12:07

関東の公営・民営鉄道及びバス会社で構成されるPASMO協議会と、JR九州、西日本鉄道、福岡市交通局は、交通系ICカードの全国相互利用について、連携してプロモーション活動を実施する。具体的には、交通系ICカードの全国相互利用をより一層周知するため、福岡エリアの利用者に手持ちの交通系ICカードが首都圏でも利用できることをPRする。

配布するノベルティのポケットティッシュ(出典:PASMO協議会、JR九州、西日本鉄道、福岡市交通局のプレスリリース)

配布するノベルティのポケットティッシュ(出典:PASMO協議会、JR九州、西日本鉄道、福岡市交通局のプレスリリース)

キャンペーンは、2014年12月5日となり、西鉄 西鉄福岡(天神)駅北口コンコースで10時~11時30分、JR九州 JR博多駅 1階中央コンコースで14時~15時30分、福岡市地下鉄博多駅 博多口で16時30分~18時まで行われる。

PASMO協議会(PASMO)のキャラクターである「PASMOのロボット」が初めて福岡に登場するほか、JR九州(SUGOCA)の「カエルくん」、ニモカ(nimoca)の「フェレット」、福岡市交通局(はやかけん)の「ちかまる」が一堂に会し、利用者にノベルティィ(ポケットティッシュ)を配布するそうだ。また、当日は利用者との記念撮影も実施するという。

page toppagetop