米国クレジットカードの軌跡(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2014年12月5日9:00

みごとに右肩下がりから、なだらかな高原状態になったグラフである。調査会社のメリカトールがまとめた米国クレジットカードの延滞率と貸倒率の軌跡だ。

2014年第2四半期の延滞率は2.25%、貸倒率は3.34%だった。ブルーの延滞率グラフはリーマンショック後の6.78%からみごとに連続下降している。

貸倒率は2010年第2四半期の10.79%をピークに約3分の1に減少した。米国経済が堅調ということである。

米国のクレジットカード残高は増えていないが、取扱高の成長力は強い。良質な残高と右肩上がりの取扱。米国カード会社の収益は絶好調だ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop