日本の中堅企業の経費支払いのクレジットカード利用は1割(American Express調査)

2014年12月5日13:10

アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(American Express)は、日本、米国、カナダ、メキシコ、ドイツ、英国、オーストラリアの世界7カ国の財務意思決定者1,540名を対象に行った意識調査「アメリカン・エキスプレス世界7カ国中堅企業調査」の結果を発表した。年間の売上規模は、約5億円から1,000億円の企業を対象としている。

世界の中堅企業における経費の決済手段比較(出典:American Expressのプレスリリース)

世界の中堅企業における経費の決済手段比較(出典:American Expressのプレスリリース)

まず、日本企業と世界の企業との差が顕著に表れた設問の1つが、企業における経費の支払い方法となり、日本の中堅企業の経費支払いは現金が主流であることがわかったという。日本の中堅企業は全体の経費のうち約半数(53%)を現金で支払っていると回答。一方で、世界の企業の現金支払いは、米国が13%、ドイツが15%など、平均で1~2割しかなく、日本企業の現金主義が明らかになったそうだ。

全体の経費支払いに占めるクレジットカードの割合に関しては、最も多く使用すると答えたカナダ(32%)を筆頭に、英国が31%、オーストラリアが30%と、世界の企業は経費の支払いに占めるクレジットカードの割合が2~3割に上っている。一方日本は、1割(10%)にとどまった。

また、今後6カ月にビジネスの中で取り組まなければならない最優先事項について、世界の企業は「ビジネスの成長」を一番に挙げたのに対し、日本の企業は、「ビジネスの成長」とともに、「人材マネジメント(人材確保と育成)」を同率で挙げており、日本の中堅企業が人材確保をビジネス拡大における重要な課題として認識していることが明らかになったという。

▼調査結果はインフォグラフィックでも公開
http://goo.gl/cKl0aJ

page toppagetop