メールで届く「WebMoney PINCOM」で懐かしのゲームを販売開始(ウェブマネー)

2014年12月09日22:48

電子マネー「WebMoney」を発行するウェブマネーは、メールだけで購入できるショッピングサービス「WebMoney PINCOM」内の「任天堂ダウンロードソフトショップ」で、懐かしのゲームタイトル(ダウンロード版)を2014年12月9日より販売開始すると発表した。

「忍者じゃじゃ丸くん」、「アイスクライマー」など、約400タイトルのダウンロード版が新登場(出典:ウェブマネーのプレスリリース)

「忍者じゃじゃ丸くん」、「アイスクライマー」など、約400タイトルのダウンロード版が新登場(出典:ウェブマネーのプレスリリース)

「WebMoney PINCOM」は、会員登録の必要なく、PCやスマートフォンから、メールだけで購入できるショッピングサービス。現在は、コンシューマーゲーム商材を中心に、Wii Uやニンテンドー3DSのダウンロード版ソフトとニンテンドープリペイド番号が買える「任天堂ダウンロードソフトショップ」、Xbox ギフトカードやXbox Liveゴールド メンバーシップが買える「Xbox Live コード ダウンロードショップ」、プレイステーション®ストアチケットが買える「プレイステーションストアチケット ショップ」を展開している。

購入には、電子マネー「WebMoney」に加え、「auかんたん決済」、「ドコモケータイ払い」、「ソフトバンクまとめて支払い」の国内の主要3キャリアでの決済、「Visa」、「MasterCard」のクレジット決済を利用できる。

このほど、「任天堂ダウンロードソフトショップ」で、「忍者じゃじゃ丸くん」、「魔界村」、「アイスクライマー」など、ファミコンやスーパーファミコンでの懐かしのゲームを、300円台からの手ごろな価格で販売する。これら約400タイトルの追加により「任天堂ダウンロードソフトショップ」では、500タイトルを超えるダウンロード版ソフトを購入できるようになる。

page toppagetop