PCI DSS Version3.0に完全準拠(スマートリンクネットワーク)

2014年12月29日11:47

決済代行事業者のスマートリンクネットワークは、ペイメントカードの国際セキュリティ基準「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」の最新バージョンであるVersion 3.0に完全準拠したと発表した。

「PCI DSS」は、利用者のクレジットカード情報を保護するため、Visa、MasterCard、JCB、American Express、Discoverの国際カードブランド5社によって共同で策定されたカード情報保護に関する国際基準となる。

スマートリンクネットワークは、2006年より「PCI DSS」に完全準拠し、最新バージョンであるVersion 3.0にも対応。2014年11月に、認定セキュリティ評価機関により、完全準拠を認証されたそうだ。

また、同社では、「PCI DSS」を策定している国際標準化団体「PCI SSC(Payment Card Industry Security Standards Council)」に参加。当該参加企業(Participating Organizations)により発足した「PCI SSC PO Japan連絡会」に正会員として参加している。

そのほか、JIS Q 27001:2006(ISO/IEC27001:2005)の認証基準に基づき全社・全業務についてISMS適合性評価制度の認証、JIS Q 15001の認証基準に基づき2013年11月にプライバシーマークを取得している。

企業名 所在地 HP MAIL
株式会社スマートリンクネットワーク 〒108-0074
東京都港区高輪1-3-13
NBF高輪ビル6階
[TEL] 03-6408-8220 [FAX] 03-6408-8214
HP
メール
サービス概要
スマートリンクネットワークは、クレジットカード決済などの決済代行サービス、ネットワークサービスを提供し、2009年度には年間2億件超のデータ処理を取扱うなど、業界トップクラスの実績を誇っています。主要カード会社15社とダイレクトにネットワーク接続を行うことで、他社にはできないスピーディーで安定した処理を行い、更に、独自の認証機能を提供しています。また、PCI DSSなどセキュリティへの取組にも力を入れ、Eコマースの発展に貢献しています。

page toppagetop