マネロン違反に罰金100万ドル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年1月2日9:00

テロリストや反社会的組織の温床であるマネーロンダリングに対する規制は年々強化されている。これは世界的な潮流だ。

米国の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は2014年12月18日、個人に100万ドルの罰金を課した。その個人とは国際送金大手マネーグラムの元不正部門長であり、AMLの責任者。

2003年から2008年までの間、顧客から不正取引の犠牲になったというクレームがありながら、十分な対応をしないばかりか、FinCENなどの査察を意図的に妨害し、不正やマネーロンダリングを助長する環境をつくったというのが理由。

マネーグラムはこの件で罰金を科せられたが、個人も訴訟の対象になったのは極めて異例だ。個人の責任を重くみている。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop