ロシアが独自決済ネットワーク(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年1月3日9:00

西欧諸国から経済制裁を受けているロシアは、原油価格の急落でルーブルが安値を更新、経済は危機的状況に陥りかけている。

プーチン大統領は経済制裁のみかえりに西側の決済ネットワークであるVisaやMasterCardを排除したが、代替手段として独自の決済ネットワーク構築をうちだしていた。

それがロシアNPS(Russian National Payment System: NPS)である。パイロットプロジェクトにはRossiya、SMP Bank、Gazprombank、Rosbank、Alfa Bank、Ural Bankなどが参画している。

これらの銀行はNPSに接続し、決済取引のテストを実施する。開発者によると、コードやモジュールは独自のものだという。ICカードが基本になる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop