無料のPOSレジアプリ「Airレジ」が134カ国・地域に対応(リクルート)

2015年1月6日19:47

リクルートライフスタイルは、同社が運営する無料のPOSレジアプリ「Airレジ」において、2015年1月6日に英語版を公表したと発表した。まずはAndroidタブレット版から対応し、134の国と地域でGoogle Playからダウンロード可能となる。

メニューは各国の言語で表記(左)、会計画面に通貨名が表示され、小数点にも対応(右)(出典:リクルートライフスタイルのプレスリリース)

メニューは各国の言語で表記(左)、会計画面に通貨名が表示され、小数点にも対応(右)(出典:リクルートライフスタイルのプレスリリース)

「Airレジ」英語版は、まずは簡単なPOSレジアプリとして機能を絞り、一方で各国の商習慣に合わせたカスタマイズができるアプリとして、現行の「Airレジ」とは別アプリとしてリリースするという。

グローバルでの普及率等を考慮してAndroidタブレット版からリリースし、134の国と地域(2015年1月6日現在)でGoogle Playからダウンロード可能だ。当初は、通信環境が整っていない地域でオフラインでも使えることなどを重視し、シンプルな無料のPOSレジアプリとしているが、今後はカード決済、会計ソフトとの連携、予約管理・顧客管理・在庫管理等の機能や、各種OS・デバイスへの対応、英語以外の言語への対応をはじめ、より多くの人に使ってもらえるようにしていくという。

page toppagetop