決済アプリ「Poke Pos(ポケ・ポス)」の共同提供を開始(ゼウス/クレメンテック)

2015年1月8日19:42

決済サービスプロバイダのゼウスは、クレメンテックと提携し、今後「Poke Pos(ポケ・ポス)」の共同提供を行うと発表した。

「Poke Pos(ポケ・ポス)」の共同提供のイメージ(出典:ゼウスとクレメンテックのプレスリリース)

「Poke Pos(ポケ・ポス)」の共同提供のイメージ(出典:ゼウスとクレメンテックのプレスリリース)

「Poke Pos」は、クレメンテックが提供する、iPod touchやiPhone、iPadなどのiOSデバイスで利用可能な決済アプリとなる。専用決済端末は使わずに、「Poke Pos」専用アプリをiOSデバイスにダウンロードし、同デバイスにケース形状(箱型)の専用リーダライターを装着させるだけでさまざまなカード決済処理を行うことができるという。既存のPOS(販売時点情報管理)システムとの連携も可能なため、据え置き型レジを補完しつつ、モバイルPOSの運用も行うことができ、持ち運びが可能な端末として、デリバリーサービスや販売イベントなどの幅広いシーンで使用可能だ。

ゼウスは、対面・非対面を問わず、決済サービスを提供。今回、従来の端末決済に加え「Poke Pos」を導入することで、加盟店の業態に即した提案内容が広がるだけでなく、多様化する要望にさらに柔軟に対応することができるという。また、リカーリング決済の特長を活用し、対面の初回決済時に取得したクレジットカード番号とユーザー情報をゼウスのシステムにリクエストするだけで、次月以降の継続的な決済処理においても非対面電文を通して、定額をカード引き落としすることができるそうだ。月々の支払額が決まっている利用料や会費などの支払いに対して自動的に決済できる特長を活かし、業務用端末として、あらゆるBtoBの流通経路における活用も予定している。

また、クレメンテックは、今回のゼウスとの提携により「Poke Pos」の従来の仕向け先カード会社に加えて、より多くの加盟店を獲得することが可能となる。

ゼウスとクレメンテックは、O2Oマーケティングとして「iBeacon」を活用したサービスも提供予定であり、業務効率化を実現する今回の取り組みに集客支援サービスを加えることで、加盟店の売上拡大を全面的にサポートできる体制を構築していく方針だ。

企業名 所在地 HP MAIL
株式会社ゼウス 150-0002
東京都渋谷区渋谷2-1-1
青山ファーストビル9F
[TEL] 03-3498-9030 [FAX] 03-3498-9029
HP
メール
サービス概要
オンラインクレジットカード決済に関しては1999年より開始し、現在ではコンビニ支払、電子マネー、銀行振込、Web口座振替等の多彩な決済手段を提供しております。
また、2010年からは実店舗向けに汎用型POS端末を提供。決済処理は対面取引電文で行っております。2011年9月には業界では先駆となる日本クレジット協会のガイドラインに基づいたスマートフォン決済の実運用を開始しております。

page toppagetop