「北海道でカードを使ってホットキャンペーン」を開催(JCB等7社)

2015年1月14日18:20

ジェーシービー、ジャックス、クレディセゾン、セディナ、トヨタファイナンス、ニッセンレンエスコート、ほくせんは、北海道での消費活性を目的として、札幌・千歳エリアの主要商業施設や企業と協業し、「北海道でカードを使ってホットキャンペーン」を2015年2月1日~2月28日まで開催すると発表した。

対象カードは、JCBカード、ジャックスカード、セゾンカード、UCカード、セディナ発行のカード、TS CUBICカード、ニッセンレンエスコート発行のカード、ほくせんカードとなっている。また、対象店舗13店舗は、IKEUCHI、さっぽろ東急百貨店、札幌PARCO、サッポロファクトリー、丸井今井 札幌本店、札幌三越、新千歳空港ターミナルビル、大丸札幌店、千歳アウトレットモール・レラ、トヨタレンタリース札幌、ピヴォ、三井アウトレットパーク 札幌北広島、4丁目プラザとなる。

同キャンペーンは、カード会員に北海道をより楽しんでもらうため、カード会社7社と北海道内の商業施設や企業が協力し、道内の利用促進キャンペーンとしては過去最大規模のキャンペーンとなる。道内外のカード会員へ同キャンペーンを積極的に告知し、北海道の消費活性化への貢献を目指すという。カード会社7社は、1月から2月にかけて、カード利用代金の明細書への同封、eメール、会報誌等の媒体を通じてのべ1,000万名以上のカード会員へ同キャンペーンの告知を行う。

道内居住のカード会員に対しては、生活に密着したエリア主要商業施設や企業で同キャンペーンを実施し、カード利用を促進させる。また、道外から訪れたカード会員に対しては、北海道の玄関口である新千歳空港から札幌中心エリアまでの主要な商業施設や企業がキャンペーンの対象店となっており、訪問する先々で同キャンペーン告知物を確認することができるという。

page toppagetop