Oki Dokiポイントプログラムのチャリティーによる累計寄付額が2億円突破(JCB)

2015年1月20日19:13

ジェーシービー(JCB)は、JCBカード会員向けポイントサービス「Oki Dokiポイントプログラム」を通じて行った各団体への寄付金額が、累計2億円を突破したと発表した。

「Oki Dokiポイントプログラム」は、JCBカードの利用金額1,000円で1ポイント貯まり、商品などに交換できるサービスとなる。JCBは、国際社会や地域の発展、環境課題などに取り組む団体の活動を支援するため、2006年よりカードの利用で貯めたポイントを使って各団体への寄付ができる「ポイントチャリティコース」を開設している。Oki Dokiポイント対象カードを保有するJCB会員は、日本ユニセフ協会、日本赤十字、日本赤十字社、WWFジャパン、国連WFP協会、国連UNHCR協会、Present Tree、ピースウィンズ・ジャパン、国境なき医師団日本、日本ユネスコ協会連盟、JCBこども応援基金の10団体(2015年1月現在)から寄付先を選ぶことができ、200ポイント以上の申し込みで、1ポイント5円に換算し各団体へ寄付できる。

なお、JCBでは、大規模災害時の支援金拠出や、一定期間の「5日」「15日」「25日」にJCBカードの利用1回につき1円を被災地への支援金としてJCBが拠出する「5のつく日。JCBで復興支援」など、事業を通じたさまざまな社会支援活動を実施している。

page toppagetop