福岡市が観光アプリ「J Guidest Fukuoka」で電子チケットの実験を開始

2015年1月21日11:34

福岡市は、JTBグループおよびNTTグループと連携して、実証実験「訪日外国人向け観光サービスによる地域活性化トライアル(J Guidest Fukuoka)」を実施すると発表した。

電子スタンプイメージ(出典:福岡市の報道資料)

電子スタンプイメージ(出典:福岡市の報道資料)

今回、公衆無線LANサービスと観光情報、お得なクーポン等を複数の言語で提供するスマートフォン/タブレット向け専用アプリ「J Guidest Fukuoka」の中でレジャーチケットを購入・利用できる、電子チケットサービスのトライアルを実施している。

なお、決済はクレジットカードが利用でき、チケット発行の際は画面キャプチャなどによる不正を防止している。また、チケット利用の際は電子スタンプを利用しているため、店舗の負担も少なくなっているそうだ。

また、トライアル期間中は、マリンワールド海の中道、スペースワールド、水郷柳川川下り、人力車 えびす屋湯布院、柚富の郷彩岳館、嬉野ゆかいリゾートの6施設にFukuoka City Wi-Fiが設置されている。

page toppagetop