フィリピンの決済会社「Paynamics」に外部資本として初の出資(BEENOS)

2015年1月21日19:13

BEENOSは、このほどフィリピンでオンライン決済プラットフォーム事業を展開するPaynamics社(ペイナミックス)の第三者割当増資を引き受け、初の外部資本投資家としての出資を行うこととなったと発表した。

PaynamicsサイトTOP (出典:BEENOSのプレスリリース)

PaynamicsサイトTOP (出典:BEENOSのプレスリリース)

BEENOSは、東南アジア、インド、トルコ等の新興国において、インターネットの普及および人口の増加を背景とした各市場の成長、また将来的な、同社のクロスボーダー事業との連携を視野に入れた戦略的事業投資を、オンラインマーケットプレイスおよびオンライン決済の領域を中心に行ってきた。

オンライン決済の分野では、2012年にインドネシアにて現地企業とベリトランスとの合弁会社である「PT Midtrans」を共同設立。2013年にインドのオンライン決済企業「Citrus Pay」、トルコのオンライン決済企業「iyzi Payments」に、そしては2014年にはベトナムのマーケットプレイスの運営およびマーケットプレイス上でのエスクロー決済サービス「Senpay」を展開する「Sendo」への投資を続けてきた。

若年層を中心とした人口構成と人口の増加、そして、インターネットの普及が進んでいくと予想されるフィリピンは、今後のインターネット市場の成長が大きく期待できる国の1つとなっている。2010年にCEOのロナルド・マグレオ氏をはじめとする創業メンバーによってフィリピンのマニラにて設立され、これからインターネット市場に進出するフィリピンの大手・中小各企業に対してオンライン決済のためのシステムおよび不正検知等のシステムを提供する「Paynamics(ペイナミックス)」は、効率的かつ安全な各社のインターネット事業を支援する市場の牽引役として、今後の大きな可能性を秘めていると考え、今回の出資に至ったそうだ。

page toppagetop