トークン決済の導入が可能なAndroid向けSDKの提供開始(ウェブペイ)

2015年1月23日22:25

ウェブペイは、クレジットカード決済サービス「WebPay」において、Androidアプリでのトークン決済の組み込みを容易にするトークン決済用Android向けSDKの提供を開始した。

Android向けSDKで提供される決済フォームのイメージ(出典:ウェブペイ)

Android向けSDKで提供される決済フォームのイメージ(出典:ウェブペイ)

従来、Androidアプリケーション内でGoogle Playの決済システム以外で国内のクレジットカード決済を導入する際には、基本的にアプリケーション側でクレジットカード情報を直接取り扱う必要があり、クレジットカード情報が漏洩する恐れがあった。今回、WebPayが提供するAndroid向けSDKでは、国内で初めて、Apple Payでも採用されているカード情報のトークン化という技術をAndroidアプリケーションにおいて簡単に利用できるようになり、クレジットカード情報を直接扱わないセキュアなクレジットカード決済を簡単に導入できるようになったという(ウェブペイ調べ)。

また、Androidアプリケーションにクレジットカード決済を導入する際には、Androidのバージョンごとに調整した決済フォーム画面を作成する必要があったが、「WebPay」のAndroid向けSDKを利用することで、Android 2.2以上の各バージョンに最適化した決済フォームの表示、カードに関する入力情報のチェックが簡単に行えるようになる。

「WebPay」のAndroid向けSDKは、他サービスのSDKと連携させて利用できる。例えば、card.ioのモバイルアプリ向けSDKと組み合わせることで、カード番号をAndroid端末のカメラでスキャンして、「WebPay」のAndroid向けSDKの決済フォームに自動入力することも可能だ。

page toppagetop