大学生の喫煙とプリカ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年1月26日12:15

米国クレジットユニオンがんセンターは、大学生の喫煙と決済に関する調査を実施した。おもしろい調査をするものだ。

大学生は学校から支給されるキャンパスデビット(プリペイドカード)に、親から入金してもらって利用している。米国のトップ100大学のうち、このプリカでタバコの購入を許可している大学は11校、電子タバコを許可しているところが13校あることがわかった。

喫煙していると回答した学生のうち、42%がキャンパスプリカでタバコを購入していることがわかった。親は子供がタバコを買っているのを知らないはずと、がんセンターの調査員は語っている。

調査対象の100校のうちIDと連動するプリペイドカードプログラムを提供している大学は94校だった。学生数では145万人になる。これだけ多くの大学でプリペイドカードがキャンパスカードとして利用されているのは驚きだ。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop