2014ハッキングで6,100万人被害(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年1月31日19:53

IBMの調査によると、2014年のハッキングで被害にあった顧客情報は6,100万件。2013年の7,300万件よりは減少した。

ただし、ターゲットとホームデポの大型ハッキングを除くと、2013年より43%も増えていることがわかった。サイバー犯罪はより巧みに顧客情報へアクセスするようになっている。

2014年サイバー犯罪のターゲットは小売と卸売業界だった。その手口は、SQLインジェクションやコマンドインジェクション、ブラックPOSやvスキマーなど多彩だ。

2014年のブラックフライデーからサイバーマンデーの2週間にサイバーアタックされた件数は、1日3,043件にもなる。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop