WirecardがHCEウェアラブル(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月2日9:00

ドイツに本拠を置くワイヤーカード(Wirecard)は、HCE(Host Card Emulation)をベースにしたNFC非接触決済ウェアラブルを開発した。カード発行会社としては世界初となる。

このウェアラブルはリストバンドで、スマートバンドという名称。Apple Payはセキュアエレメントというハードウェアに依存する方式だが、HCEはソフトウェアでのセキュリティとなる。AndroidOSはHCEが基本。

これからの決済はウェアラブル、とワイヤーカードのCEOはいう。スマートバンドをNFC非接触決済端末にかざすだけで決済できる。

特にクルーズの旅やフェスティバル、ホテル、スキー場、テーマパークなどでウェアラブルは活躍する。スマートフォンとはBLEで連携し、決済情報や特典情報をスマートフォンに表示する。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop