サブサハラでモバイル決済市場急拡大(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月3日9:00

サハラ砂漠以南のアフリカでモバイル決済市場が急拡大している。M-Pesaがこの市場を牽引しているが、2014年の市場規模は6.558億ドルになった。それが2019年には13.198億ドルになるとFrost & Sullivanは予測する。

現在M-Pesaは、サファリコムとボーダコムタンザニアの収益のうち18%を占めるまでになった。銀行口座をもてないひとたちにとって、モバイル決済は重要な生活手段だ。

南アフリカではボーダコムがモバイルウォレットサービスM-Pesaを提供しているが、これを補完するためEMVプリペイドカードを発行することになった。

このカードはM-Pesa口座とシームレスに連携し、南アフリカ国内の24万カ所でショッピングできるほか、27,000台のATMで現金を引出しできる。

カードはボーダコムエージェント8,000カ所で受取る。カード残高はモバイルウォレットアプリで確認。残高が少なくなればショートメッセージで通知を受けられるサービスもある。モバイルとプリカは相性がいい。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop