キャセイパシフィック航空とプラチナ、ゴールドカード発行(三菱UFJニコス)

2015年2月10日22:55

三菱UFJニコスはこのほど、香港のキャセイパシフィック航空と、「アジア・マイル」が貯まる提携クレジットカード「キャセイパシフィック MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の発行で合意し、2015年2月12日から会員を募集すると発表した。なお、国内では同航空初の提携カードとなる。

左から「キャセイパシフィック MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、「キャセイパシフィック MUFGカード ゴールドMasterCard」(出典:三菱UFJニコスのプレスリリース)

左から「キャセイパシフィック MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」、「キャセイパシフィック MUFGカード ゴールドMasterCard」(出典:三菱UFJニコスのプレスリリース)

同社は1946年設立の航空会社で、2014年には英国スカイトラックス社より最多となる4度目の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。同社マイレージプログラム「アジア・マイル」は、同グループの香港ドラゴン航空、世界規模の航空連合「ワンワールド」加盟エアラインの搭乗などでも獲得できる。同社は搭乗客サービスのさらなる充実に、航空券購入や宿泊・食事の支払い、日々のショッピングなどの利用で同マイルをお得に獲得できる新カードの発行を決定した。

新カードは、グローバルなネットワークとT&E(トラベル&エンターテインメント)分野の充実したサービスに定評があるアメリカン・エキスプレスのブランドで発行する“プラチナ”と、「キャセイパシフィック MUFGカード ゴールドMasterCard」も用意した。年会費はプラチナ(本会員)が2万5,000円(税別)で、家族会員は1名無料(以降税別3,000円)となる。ゴールド(本会員)は5,000円(税別)で、家族会員は1名無料(以降税別1,000円となっている。

主な特徴は「ショッピングマイル付与」のお得感で、“プラチナ”は、国内利用100円ごとに1.5マイル(“ゴールド”は1マイル)、海外利用で2マイル(同1.5マイル)が貯まる。さらに、両カードともに、同社WEBサイトでの航空券購入で100円ごとに1マイル、機内販売利用で5香港ドルごとに2マイルが加算される。なお、入会時にはもれなく1万マイル(“ゴールド”は3,000マイル)を進呈する。

また、“プラチナ”限定で、24時間日本語対応の「プラチナ・コンシェルジュサービス」や空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」、「手荷物空港宅配サービス」のほか、同社の会員制優待サービス「ザ・マルコポーロクラブ」のグリーン会員への入会金(50米ドル)が無料となる特典を用意している。

なお、新カードデビューを記念し、2015年2月12日から5月31日までの入会者を対象に、入会ボーナスマイルとして“プラチナ”で最大6万マイル(“ゴールド”は最大3万3,000マイル)をプレゼントするキャンペーンを実施。なお、会員獲得は初年度5,000名を目指している。

page toppagetop