アマゾンが大学へ積極展開(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2015年2月18日9:00

アマゾンはウェブで大学の教科書販売をしているが、大学生活にかかせないグッズ販売にも食指を伸ばしている。関連商品の販売は当然のなりゆきだ。

そのために、まずは大学3校と提携した。Purdue University、The University of Massachusetts Amherst、そしてThe University of California Davisの3校である。

提携プリジェクトでは教科書とともに、大学のロゴ入り商品などを販売する。従来は大学の販売部で売っていた商品だが、学生たちはEコマースで購入する傾向が強くなっていた。

大学はアマゾンと提携することによって、新たな収益を獲得することができると判断したようだ。アマゾンは大学のウェブサイトで購入されたものに対し、0.5%から2.5%のコミッションを支払う。

■「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら

※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop